Spring3 DAC登場
·   

モデル                   JANコード       価格       

Holo Audio Spring3 Level 1       4562430951704      \335,500 (税込) 

Holo Audio Spring3 Level 2       4562430951711      \377,300 (税込) 

Holo Audio Spring3 KTE           4562430951728      \491,700 (税込) 

Pre-amp module Option                                     \88,000 (税込)
全モデル受注生産

製品概要

新しいDACSpring3」は、2016年から非常に人気の高いデザインに基づいたHoloAudio社のJeff Zhu氏にとってのマイルストーンです。これはフルディスクリートのR2Rタイプのオーディオデコーダーで、既製のDACチップは搭載していません。カスタム設計された特注のコアDACモジュールであり、今日のあらゆるDACチップの技術において、まさに画期的なものです。MAYのフラッグシップDACからのトリクルダウン・テクノロジーです。Spring3は、新たな高み、新たなダイナミクス、そして単純に五感を満足させるオーディオのフルスペクトラムを達成するためにここにあります。

特徴

·         新世代の線形補償技術です。スイッチング・コンポーネントやPCBに起因する抵抗や精度の誤差に対するより良いソリューションで、補正後の等価精度は0.00005%に達します。

·         新世代のデグリッチ技術は、ノイズフロアの増加などの悪影響を受けることなく、フルレンジを実現することができます。

·         この新世代の技術に基づき、"3 "Spring3(ノンプリアンプモデル)は、現在の最先端のR2RアーキテクチャーDACが到達した性能限界を示す112dB以上のSINAD128dB以上のダイナミックレンジを実現しています。

·         PLL+FIFO技術の究極の性能を活かし、0.1Hz3次ローパス能力でジッターを抑制します。また、PLLのクロックソースには高性能フェムト秒VCXOを採用しています。前段のジッターをほとんど気にしないことを前提に、高ジッターの1KHzの信号を1.5µs-2µsまでロックすることも可能です。(フロントエンドのジッターにほとんど影響を受けないことを前提に、1.5µs-2µs @ 1kHzの高ジッター信号までロックすることができます。)

 

 

仕様

デジタル入力

同軸1、同軸2、光、AES

PCM 44.1-192K (24bit)

DSD 64X (DOP)

USB

PCM 44.1K-1.536M (32bit)

DSD 64-512x (DOP)

DSD 64-1024X (Native)

I2S

PCM 44.1K-1.536M (32bit)

DSD 64-1024X

アナログ出力

PCM 48K NOS

THD+N 0.00032% @1K(-110dB)

DNR 127dB

DAC電圧出力 2.9Vrms(RCA)5.8Vrms(XLR)

(オプション)プリアンプ電圧出力 5.8VrmsRCA)、11.6VrmsXLR

DSD 128X

THD+N 0.00025% @1K(-112dB)

DNR 115dB

DAC電圧出力 1.45Vrms(RCA)2.9Vrms(XLR)

(オプション)プリアンプ電圧出力 2.9VrmsRCA)、5.8VrmsXLR

サイズ

430×300×55mm ( 幅×長さ×高さ )

寸法には突起物を含まない

重量

8.5kg

電源

100V 50/60Hz -
ヒューズタイプ 4A SB 5x20mm  (JPN Spec)

消費電力

40W

 

 Spring 3 DAC3つのバージョンを用意しています。KTEはすべてのオプションを備えた妥協のないモデルです。

"Level1

ベースモデルはそれだけで十分な性能を持っており、性能と価格のバランスが取れた価格設定になっています。

このモデルには、ベースレベルのコンデンサーを用いています。
標準的なRed label5NO型トランス、丸線タイプの銅配線を採用しています。

基本的なモデルですが、価格と性能のバランスが取れており、同価格の他社DACより優れた音質を提供できます。

(このバージョンにはリモコンはありません)

"Level2

究極のパワーフィルトレーションと音質向上を実現するHoloAudioキャップを搭載 - 音質はニュートラルなまま、より洗練されたリラックスした透明感とディテールが鮮明になります。 標準的なRed label 5N Copper Otype Transformer、丸線タイプの銅配線を採用しています。
このバージョンには、アルミ製のCNC加工されたリモコンが同梱されます。

"KTE"

大人気のKTEバージョン製品には、最高グレードの部品が使用されています。このSpring3 KTEバージョンには、100VA O-Typeフラットワイヤータイプのアップグレードされた超高級トランスが含まれています。その音の改善は微妙なものではなく、私たちの意見では昼夜を問わず改善されており、多くのお客様が同意しています。キツネはこのSpring 3 DACを妥協のないパフォーマンスのためにチューニングし、オーディオ愛好家をターゲットにしています。このトランスは、私たちが入手可能な最高のモデルで、Springのサウンドを非常にエレガントにし、ディテールを改善します。

KTE Spring3には以下を追加しました。

1.100VA O型(NOTトロイド) フラッグシップのMay Dac L2KTEに見られる平線タイプ。
2.すべての銅線を1.5mmの純オク銀線に変更
3.厳選されたDacモジュールは、平均値と比較して最高の測定値を示すものを厳選して搭載します。
4.KTE Spring3は、L2KTE Mayに搭載されている強化されたUSBモジュール(Titanis 2.0回路)を搭載。
5.IECインレットのコネクタを純銀/ロジウムメッキのファストンコネクタに交換
6.HoloAudio Red Nanoヒューズ
7. HoloAudio capacitor (テストを重ねた結果、最高の音質が得られる)。
8.内外装に「Kitsune Tuned Edition」の特別ブランディング、純銅製の「Kitsune fox」エンブレムをトップパネルに配しています。

DEE 国内純正品は全モデルVIPサービス、日本語サポート、日本語マニュアル/ Windows ASIOドライバー(CD-ROM)

OPTIONAL upgrade - Preamp Module" - 完全にディスクリートでバランスのとれたリレー制御のボリュームコントロール。すべてのデジタル入力の音量を正確にコントロールします。人気のフラッグシッププリアンプ「Serene」の技術を応用したものです。4つのアンプモジュールと数百個のトランジスタを使用。

これらのSpring3 DACは、最高級の部品を使って丁寧に実装されています。

 

 


  

ディスクリートレジスターラダーDACで初めてDSDにネイティブ対応

HoloAudioは、世界で初めて、今のところ唯一のResistor Ladder DACDSDをネイティブにサポートしています。これは、DSDをデジタル・アナログコンバーターの前でPCMに変換するのではなく、DSDデジタル・アナログコンバーターのディスクリート・コンポーネントによって直接変換するものです。現在、MACDOP)とLinuxDirect Native/DOP)、Windows/PCDirect NativeDOP)に対応しています。 

注意:iCAT MsHD(Linux)は(Direct NativeDOP)に対応し、PCM1536K,DSD1024出力に対応します。
Macや一般的なLinuxPCM768K,DSD512がカーネルおよびドライバーレベルでの性能限界となります。

 なお、「R2R」という言葉は、抵抗器ラダーのアーキテクチャの一種であることを示しています。このアーキテクチャーでは、必要な抵抗値が少なくて済むにもかかわらず、許容範囲を超える性能を発揮することができます。業界のほとんどのDACがこのアーキテクチャを採用しています。Spring3DSDモジュールは、DSDR2Rアーキテクチャーを使用しておらず、DSD to analogを行うために最適化された非常に特殊なアーキテクチャーを使用しています。つまり、正確にはSpringDSD部分はR2Rではなく抵抗ラダーを使用しています。

Spring3の入力・出力インターフェース。

·         デジタル入力インターフェースは

·         USB(グランド・アイソレーション)

·         RCAコアキシャル

·         BNCコアキシャル

·         AES

·         光ファイバー

·         I2S (HDMI) - 改良された超高性能4ウェイカスタム回路 (もはやLVDSではない)

·         すべてのデジタル入力インターフェースがDSDDOPモード)に対応。

·         アナログ出力インターフェース:シングルエンド、バランス


Spring3 DAC R2R
の構造と設計+入出力ステージ

現代で人気のデルタシグマ型DACは、1クロックのアナログ値がサンプリングポイントを回復することができる内にR2Rとは異なり、デルタシグマはオーバーサンプリングと高速デジタル信号01の切り替えを通過した後のアナログ信号を表現するために使用されています。比較してみると、R2Rの変換構造は最も直接的で純粋であるが、ΔΣは本質的にデジタルチップであり、高速デジタル信号の01がローパスフィルターに切り替わってアナログ信号を処理するため、このプロセスには様々な問題が発生しやすく、デジタルサウンド(デジタリス)を生成し、またスーパーサンプリングプロセスでは必然的にいくつかのリンギングや歪みが発生する。また、DACR2R構造は高精度の抵抗ネットワークを必要とするため、コストが非常に高くなってしまいます。それに比べてデジタルΔΣDACチップは非常に低コストです。R2Rテクノロジーは特許取得済みです。ディスクリートDACとしては初めて線形補償を搭載し、究極の音楽再生精度を実現しています。PCMには先進的なアーキテクチャのデュアルR2Rラダーネットワーク、DSDには最適化されたアーキテクチャのデュアルレジスターラダーネットワークを採用!

I/Oステージ。入力段にはオペアンプを使用し、出力段にはディスクリート部品を使用しています。出力電圧はシングルエンドが2.9Vrms、バランスが5.8Vrmsdsd再生はこの半分)。シングルエンドはRCA。バランスはXLR。どちらも同じ出力段を使っている。BiPolar Junction Transistorで、直接結合されています。出力段に見える大きなMKPコンデンサは電源用で、信号結合用ではありません。また、出力インピーダンスは200オームです。

よくある質問ですが..."なぜDACの入力にオペアンプを使うのですか?" 

オペアンプによる入力段は製造された性質上、ペアのトランジスター入力を持っています。しかし、出力段にオペアンプを使用するのは、サイズと熱容量の点で限界があります。また、A級出力のオペアンプは効率が悪いので、誰も提供してくれません。そのため、入力とディスクリート出力が一体となったオペアンプが有利になります。ただし、ディスクリートがすべてダメというわけではありません。実際、十分な低歪みを実現するためには、少なくとも3040個のトランジスタが必要です。最低でも3040個のトランジスタが必要になります。これでは、巨大でスペースの無駄遣いになるだけでなく、コストもかかりすぎてしまいます。つまり、オペアンプの性能を上回るためには、単純なディスクリート構成では不可能なのです。オール・ディスクリートのデザインは美しく見えますが。

 真のバランス型回路設計

この2枚の写真は、真のバランス設計をよく表しています。下側には上側と同じ抵抗器の梯子があります。DACモジュールは、PCMでは24ビットのディスクリートR2R設計、DSDではディスクリート・ラダー・Dac最適化アーキテクチャを採用しています。

XLRはすべての回路を使っており、RCAは半分しか使っていません。バランス出力の方が性能(THD、ノイズ)が良く、同相信号除去率も優れています。もし、あなたのリスニング環境にAC電源やEMI/RFなどの干渉がある場合、フルバランスシステムが非常に有効であることがわかるでしょう。

Spring 3のサウンド特性について教えてください。

このSpring3のストロングポイントのひとつは、空間音のステージ表現です。とても広く、正確です。多くのDACのように混雑した音にはなりません。ハイエンドは非常に詳細で、決して厳しい音ではありません。多くの人が知っているR2Rの良さを持っています。R2Rはほとんどカルト的な人気を誇っており、このDACは確実に人気のあるDACになるでしょう。  このDACでは、すべてが難なくこなせます。低音は層状で質感があり、非常に豊かで存在感があり、生成される甘い中音を覆い隠すことはありません。Springの特別な点は、出力ノイズが0.2uV以下という驚くべき電圧調整回路にあります。この回路とOコアトランスは、オーディオの明瞭さと正確な再生を可能にする純粋なパワーを調整するのに役立ちます。その音を理解し、好きになるためには、実際に聴いてみる必要があります。

Jeffの、Spring3について、これまでのモデルとの違いについて

Spring3PLLは、当社のフラッグシップDACであるMayとほぼ同じ設計になっています。Spring3Mayの主な違いは、Mayは当社の最新技術を使用しており、コストを度外視しているため、より良い部品を使用しています。Spring3では、Mayと同様に最新の技術を使用しています。しかし、主な目的は、リーズナブルな価格で高い性能を得ることであり、この目的は絶対に達成されたと思います。価格はSpring2よりも高いのですが、性能とコストのバランスは取れていると思います。性能とコストの比率はSpring2よりも高いと思います。Mayにも負けていません。内部のプリアンプモジュールは、ボリュームをコントロールするための非常にまともな方法であり、本当に最高の方法の一つです。特にこのレベルのDACでは、デジタルボリュームはひどいものだと思います。そのため、SpringMayにはデジタルボリュームコントロールを追加せず、エントリーレベルの製品であるCyanにのみ追加しました。デジタルボリュームは非常に簡単で、妥協しているとはいえ、非常に低コストで追加できます。デジタルボリュームを使わない理由は、「無料でデジタルボリュームを使える」ということで、お客様がデジタルボリュームを使ってしまい、当社のハイエンドDACでの使用には理想的ではないことに気づかないからです。私は、ユーザーにそのような形で当社のDACを使用するように誤解させたくありません。完全にバランスの取れたディスクリートのアナログボリュームコントロールを低価格のオプションアップグレードで提供することで、お客様に最も満足していただけると思います。


この商品は特別注文品です。DEE直販はその時点での見積りをお知らせします。お支払いが完了した時点で、通常45週間以上の納期となります。お客様が条件に同意された後、HOLO Audio社(HoloUSA代理店、Holo USAではありません)に直接注文足します。この注文は特別注文品とみなされ、注文のキャンセルや返金はできません。ご注文いただいた製品は、DOA(故障)ではないことが保証されており、お客様に出荷される前に複数のレベルの品質管理テストが行われます。ご購入いただいた商品にご満足いただけるものと確信しております。



各モデルのスペック比較

MAY

PCM 48K NOS THD+N 0.00017% @1K(-115dB)   DNR 130dB

Voltage Output 2.9Vrms (RCA), 5.8Vrms (XLR)

DSD 128 THD+N 0.00025% @1K(-112dB)       DNR 112dB

Voltage Output 1.45Vrms (RCA), 2.9Vrms (XLR)

Spring3

PCM 48K NOS THD+N 0.00032% @1K(-110dB)   DNR 127dB

Voltage Output 2.9Vrms (RCA), 5.8Vrms (XLR)

Voltage Output 5.8Vrms (RCA), 11.6Vrms (XLR) (Option)

DSD 128 THD+N 0.00025% @1K(-112dB)       DNR 115dB

Voltage Output 1.45Vrms (RCA), 2.9Vrms (XLR)

Voltage Output 2.9Vrms (RCA), 5.8Vrms (XLR) (Option)

Spring2

PCM 48K NOS THD+N 0.00060% @1K          SNR -124dB

Voltage Output 1.9Vrms(RCA), 3.8Vrms(XLR)
DSD 128X THD+N 0.00080% @1K             SNR -118dB

Voltage Output 0.95Vrms(RCA), 1.9Vrms(XLR)

Spring2,Spring3.MAYの各KETモデルのユーザー試聴テストレポート

プレスリリース